受講者の声 - 最新エントリー

BDI・若本先生の「BODY・WORKコース」を受講させていただいて感じたコースのの魅力は以下の7点です。



(1) からだに関して「あっ体験(今まで気づいていなかったことに、『あっと』気づくことができる『驚き』の体験)」の連続であること・・・



(2)  (1) の「驚き」の中で「自らが知らない間に纏(まと)ってきた『自分を守るために着込んだ分厚い鎧』を、一枚一枚安心して脱いでいくこと・・・



(3) (2)は、生まれた時に感じていた「すべての人から望まれ生まれ」「愛され」「守られていた」という、あの時のあの感覚を取りもどせること・・・



(4) (3)の感覚が、ひとつひとつ緻密に構成された体験型ワークを通して『実感』できること・・・



(5) 全てのカリキュラムを通して「『もともと持っていたのに忘れてしまった本当の自分』と出逢い、再び一つに(再統合)する」こと・・・



(6) 日頃頼り過ぎている「ヘッドレベルの思考パターン」を、一旦脇に置きに置くことができ、身軽になったありのままの自分が『何を求めているのか?』また『何の為に生まれてきたのか?』をからだを通して感覚的に問いかける「自分自身の為のスペース取る機会を創る」ことができること・・・



(7) 実社会に戻った時に抱えていた「問題や課題・ストレス」に、自らがありのままの姿で直感的に対処している新しい自分になっていること・・・



等々、抱えきれないほどの「気づきに」自ら「置き去りにした自ら」を、からだを通して私は思い出すことができました。



そして今までヘッドレベルにのみに頼っていて、疎かにしていた自分自身に対し、「感謝」や「慈しみ」、「愛おしさ」や「敬意を払う」・・・等、新しい自分との関わりを持つことができ「満たされた気持ち」があふれ出しています。



自分だけでよかった「個の時代」から、再び「共生の時代」への移行期にBODYWORKに出逢えて本当に良かったと思っています。 



私が体験した、若本先生のBODYWORKは、他に類を見ない「癒しと気づきと、人生の叡智が一杯詰まった宝箱」であったと思います。



自分探しの旅を続ける人に、本来の自分を取り戻したい人に、そして、ふと足を止めたくなった人に・・・ 私の体験し、感じた「あの感覚」をひとりでも多くの方に体験して欲しと思います。
ボディ・ワークに出会って、随分経ちました。初めは観るもの聴くもの、おっかなびっくりなものばかりでしたが、今ではすっかり日課の一部、よく使うツールのひとつ、そして大切な自分の一部、あるいは自分そのものとなりました。

ボディ・ワークで私が得た最大のものは「からだとこころのしなやかさ」です。しなやかさを取り戻して初めて、「しなやかでなかったこと」を知りました。何気なく日々を過ごすうちに次第に錆付いていたことすら気づかなかったのでしょう。


BDIで受講するボディ・ワークの大きな特徴は

・自分 この上ないオリジナルを発見・発掘・確認する

・発見・発掘・確認するお手伝いのスキルを誰もが身につけることができるというところにあると思います。


普段何気なくしている動作ひとつをとってみても、そこには何がしかの意味や、これまで生きてきた歴史が刻まれていることがあるのです。からだを通して自分の心の声に耳を傾けることができたとき、それまでいつも感じていた「ダメな自分」や「できない自分」から解放され、自分のからだ、自分の過去、自分そのものに対して深い感謝の気持ちが沸き起こったことは1度や2度ではありません。

そして、自分への尊厳を取り戻すと、それは声に出さずとも周りの人へも伝播されるようで「あなたといるとなんだか元気になる」「姿を見るとホッとする」とまで言われるようになりました。

変化は一度だけ起こるのではありません。ボディ・ワークに初めて出会ったときの新鮮さは失われるどころか!! 驚きと発見、変化しつづける毎日を送ることができています。
BDIで開催されているボディワークは、私にとって、毎回毎回が新しい発見と驚きに満ちたものでした。

1番最初に学んだ事は「我が身一つで幸せになれるんだ」という、私にとっては衝撃的な事実でした。その当時、私の考え方は色々なことに雁字搦めになっていて、この世の中で生きていくことはとても困難な事であり、幸せになるためには多くのものを手に入れなければならない、と思っていました。

でも、そんな私が「センタリング」を教えていただき「天・地・人」の中心軸の中に存在できた瞬間・・・大きな幸福感に包まれました。何も手にしなくても、地位やお金や・・・そんなもの何一つ無くても、我が身一つでこんなにも満たされて安心できる世界が存在するんだ。と体の奥底で実感できました。家に帰ってからもその中心感覚を感じることができ、それ以後の私の人生は大きく変化していきました。月に1度のボディワークの日が待ち遠しくてならなくなり、毎回、自分自身に対する新しい発見と気づきが起こり、自己理解が深まっていきました。

もう一つのとてもおおきな学びは「身体は嘘をつかない」という事でした。我々現代人は、知らず知らずの間に「脳の思考」中心の生活を送っています。身体の繊細な感覚や直感というものを軽視し、頭で作り出した自分の考えを重視しがちになっています。

何か嫌な感覚が起こっても「そんなはずは無い」と無視していたものが、「ん?この感覚はなんだろう?どんなメッセージかな?」と、自分の身体に聴くことが出来ていくにつれて、身体と思考のズレが少なくなっていきました。どんどん、毎日が楽チンになって人生を生きることが楽しく感じられていきました。

BDIのボディワークのとても素晴らしい点の一つは、サポート体制が整えられていることです。ワーク中に、急にトラウマ体験が浮上してくることもありました。呼吸を改善する「ブリージング」の最中に感情がこみ上げて、涙が止まらなくなったこともありました。

混乱に陥ってしまった私の傍藁には、いつもサポーターが寄り添ってくれていました。声をかけず、ただただ背中を擦り続けてくれたり、流れる涙をそっと拭ってくれたり、必要であれば肩代わりしてくれたり・・・私が何も言わなくても「どうして欲しいか」を的確に感じ取って、適切なタイミングで適切にサポートしてくれました。彼等(男性も女性もいます)の存在がある事で、安心して自分の身体との対話を続けることができたと思います。

私の職業は病院の栄養士です。患者様のお話を聞いて栄養指導したり、健康教室に来られた皆さんの前で栄養の話をしたりする事もあります。また、仕事以外でもコーチングやセラピー・カウンセリング等でクライアントの方と向かい合う時間があったりします。そんな時、自分を見失わず腹のすわった状態を維持できるのも、ボディワークを学び続け自分と向き合いつづけてきたからだと実感しています。

老若男女、この時代を生きている全ての人が本当に必要としているもの。それがボディワークの中にあると思います。
私とボディワークとの出逢いは、2007年、同じBDIで受講していたNLP認定コースの中でした。

当初は単なるエクササイズの延長の様に感じていたボディワークの基本スキルが、コース終了時には、これらがNLP習得の上での、大いなる基盤となると感じ、翌年ボディワーク一年コースへの参加を決意いたしました。

ボディワークコースで出逢う、様々なスキルは、今まで身近であるはずだった「自分の身体」や「自分そのもの」に対する認識を、大きく変容させてくれました。

特に、「センタリング」「ブリージング」「リバランシング」という基本スキルは、私にとって、その後の人生を大きく変えてくれる素晴らしい「道具」になっています。

「脳」・「心」・「体」が一体であることを実感できる、ボディワークの実践的なスキル体系の効用は、数々ありますが、私にとっては下記の3点が特筆すべきことだと思います。


1.一番身近である「自分の身体」を感じて、「自分」を再発見し、「自己一致感」を高められる


2.多少の動揺にも、確固とした「自分」を保つことができ、"Being"を感じつづけることができる


3.NLPの「脳」(言葉)からのアプローチに加え、ボディワークの「体」からのアプローチにより、相手の「心」(感情)に触れる、真のコミュニケーション能力を育むことができる



私にとって、ボディワークは、「脳」・「心」・「体」のダイナミックな関係性を通じて、「人間」の神秘性に触れるための、貴重な「魔法の杖」となっており、現在も日々、その敬虔な気持ちを持ちつづけるべく、自己研鑚に努めてまいります。
私は、中小企業を対象とした経営コンサルタントを営んでおります。

仕事がら経営者との関わりが多いのですが経営者とは孤独な立場にいて、なかなか弱音を吐けないのが実状だと思います。

そのような立場にいる経営者の懐刀として時には慰め、時には励まし、時には戒める、そんな風に相手と寄り添えるコンサルタントになりたいと思っているのですが、ICCコーチングは、今までのコーチングとは異なる点が魅力でした。

先ずは、NLPの要素を基盤としていることです。これにより、コーチがコーチという立場に留まらず、コンサルタントやメンター、カウンセラー、トレーナーと相手の状況に応じて役割を変化させられ応用の幅が広がる内容となっています。

そして、トレーニングを受講する上で非常に有益だったのがフォローアップの良さです。トレーニング内で消化しきれない部分もこのフォローアップのお陰で、腑に落ち自分のものとして取得するのに役立ちました。また、コースを6ヵ月間掛けてじっくりと進めていけるのも良い点です。

受講を終えて「これは使える」と心から思えたことで、今後、自分自身が経営コンサルタントとして更に成長していけると確信しました。
ICC国際コーチング連盟 認定資格取得トレーニングを受講して

  このコースを6ヶ月間受講して、クライアントを目の前にしたコーチングスキルはもち
ろんのこと、自分自身に対するセルフコーチングやチャレンジすることの楽しさ、自分自
身の実体験を通した変化に驚かされました。頭で考え、学習するだけでなく、自分自身の
ライフスタイルやこれまで生きてきた中で作り上げてきた自分のものごとの見方、捉え
方、その枠組み(フレーム)に合わせた課題や、次回の講義までに小さな目標(スモール
ステップ)を設定してチャレンジし、フィードバックを受講生同士でおこない、日々の積
み重ねとして確実に自らに落とし込んでいき、実生活で変化を感じた瞬間に感動を覚えま
した。

それぞれが自分の理想と現実とのギャップを見つめ、その差を少しずつ少なくするた
めに、モチベーションを高め、決断し、変化していくステップを体験できるのはこのト
レーニングコースの良さであり、また、他にない私だけの確かな轍として刻まれた時間
でした。
一番学んだことは何かというと、コーチングの本質。コーチングのテクニックを学ぶ
以上に、自分を理解すること、相手を理解することの難しさ、そしてコーチとして相
手に関わろうとするときの距離感の大切さ(相手を常に尊重し自分の価値観を押し付
けない等)です。

クライアントとコーチ両方を体験しながら進めていく研修になっているので、頭だけ
でなく体でもわかっていく構成になっており、相手とどう関わっていくか等、野球で
言う素振りの仕方からしっかり教えてもらえるところが本物というか本質をついてい
ると思いました。

クライアントのケースは様々なので、テクニックよりも、本質的なところを理解して
おかないと、相手にとって満足頂ける対応ができないと今改めて思っております。

コーチングの学びは、職場にも良い影響を与えてくれており、言葉の大切さを痛感し
ております。

これもコーチングで本質をしっかり学んでいるおかげだと思っておりま
す。ありがとうございます。
BDI ICCコーチングトレーニングを受講させていただき、私は以下のことを「学び」、そして「手に入れ」ました。



私は、20余年NLPを学び、既に4つのNLP協会から公認NLPトレーナー資格をいただいています。

私が学んだコーチングは、NLPから派生する「NLPコーチング」や、NLPのスキルを取り込んだ形式の「コーチング」を学んできました。



そこで学んだことは、「NLPのワークを用いたセラピーの延長線上にあるコーチング」で、NLPの枠組みを決して出ることはありませんでした。

それは「コーチング」とは名ばかりのNLPのスキルをブラシュアプの為のNLPであったと私は思いました。

それは現在地に於いて「マイナス」の位置取りをしている人をGOALに向かう為のスタート地点に立たせるためのものであったかもしれません。



しかし、今回BDI・若本先生から学んだ「ICCコーチング」は、「NLPのすすめ」の著者でもあるジョセフ・オコナー氏が、巧みにNLPのスキルを取り入れながら、「コーチングの王道を」創り上げた思えるトレーニングの内容で、私にとっては「目から鱗」もののトレーニング内容でした。



具体的には、私自身がコーチである前に、自分自身が「自分の人生の中で何を求め、どのように生きていきたいのか?」を探求することが出来ました。

「自分の人生の中で何を求め、どのように生きていきたいのか?」と言う問いかけに対する答えは、既に明確だと思い込んでいました。

しかし、その思い込みを、より明確にし、そして更に精度を上げ探求することで、今までの自分が、更なる高みに引き上がった!という実感を手に入れることが出来ました。

それは、GOALに向かい突き進んで行こうとする人をGOALを手に入れるのは当たり前でそのGOALの先にまで行けるようになるトレーニングであると言い換えることが出来るかもしれません。



また、昨今ネット等の発達で「自分に必要な情報」は、どこからでも得られる社会になって来たにもかかわらず、「自分自身が何を目標として生きているのか?」「どのよう自分になりたいのか?」「どのように生きれば自分は幸せなのか?」について迷っている人が多くいることに一石を投じたかった私に、今回ICCコーチングは、その一石を投じる方法論を、明らかに示してくれました。



その一石を投じる方法論の中核をなすのが、ICCコーチングの「質問メソッド」です。

ICCコーチングにおける大きな特徴は「質問のメソッド」です。

その質問のメソッドは、「パワー・クエッション」と呼ばれ、決してコーチが相手の人を誘導するのではなく、自分自身やクライアントの中に既にある「自身の求めているゴール」を明確にし、「ゴールを達成するための気づき」をパワフルに促進するメソッドでした。



人は、自らに「質問をする」こと、また他の人から「質問をされること」で、今迄自分の中に既にあったのに「無いもの」として来た「答え」を、また「答えをやり切る自分自身」に気づくことが出来、自分の今世のミッションを遂行することが出来る!と私は確信をしました。



BDIが開催しているICCコーチングは、楽しさ一杯の記憶に残る学びの体験でした。

若本先生のひとつひとつのレクチャーやコーチング後のスーパーバイジングは「敬意」と「叡智」に溢れ、私自身の「好奇心」や「リソースであふれた状態」や、「学ぼうとする意欲」を、刺激して下さってさらなる高みへのヒントを一杯いただきました。

ICCコーチングトレーニングは、プログラムの素晴らしさプラス、若本先生のコーチングスキル、そして一緒に学びを深めてきた仲間との絆と共に、今までにないエクセレントな「コーチング・トレーニング」であったと私は、確信しています。



今回のICCコーチング・トレーニングから私が得たものは以下のことです。



① BDI : ICCコーチングトレーニングは「自己成長」をも含んだトレーニングでした。

トレーニング期間中や終了時、私はより明確な自分自身に気づき、よりパワフルになりました。
自分が「誰か?」そして「何ものなのか?」そして「何を望んでいるのか?」についてより明確になり終了後の人生を一変させました。



② BDI : ICCコーチングトレーニングは、私が「望んだ領域」(トレーナーとして人への貢献/人への役立ちのミッション)で、効果的なファシリテートが出来るファシリテーターであるために、「使えるコーチングのスキル(私にとっては、幼い時に持っていた「おもちゃ箱/宝物の箱」のようなもの)」を学びました。



③ BDI : ICCコーチングトレーニングは、ファシリテーターとして、人の持つ可能性を信じ、ともに生きていく「共育(共に育っていくとの意)」「共生(共に生きていくとの意)」についての奥深い叡智と、それを引き出すメソッドを手に入れられ「考動(考えたことを行動に移すの意)」に結び付けられました。
セールスにおきまして、以前は売り込み中心のセールスをしていましたが受講後は自然な会話の流れからの質問によりお客様のニーズを引き出すことができるようになりましたので契約までがスムーズになりお客様にも喜んでもらえるセールスができるようになりました。

自分自身の営業目標もセルフコーチングを使うことによって以前には思いもよらなかった表彰台圏内まで行くことができました。
今回、ICCコーチングを受講して、「コーチング」という概念が一新されました。

  現在勤務している会社におけるコーチングとは、管理職の昇進研修として、全員が受講
させられるもので、部下の業務目標をいかに達成させるかということを目的に、傾聴とバ
ックトラッキングをひたすら練習させられ、どちらかと言うと嫌悪感のようなものを抱い
ていました。

  一方、ICCコーチングは、それとは全く別物と感じるほど、素晴らしいコンセプトを持
った、非常に実践的なスキル体系だと感じました。ICCコーチングの秀でた点は、数々あ
りますが、私にとっては、下記3点が特筆すべきことだと思います。

 1.「目標達成」「問題解決」「自己変容」3つの側面からのアプローチ体系

   発端となる課題提起がどんなものであっても、柔軟に対応が可能。


 2.「変化軸モデル」での多面的な視点での目標設定手法

   当初の目標の裏にある、価値観Value、信念Beliefを、無理なく明確化できる。

 3.「スキル」の奥にある、心身状態、感情の持つ重要性

   個々のスキルを最大限に活用するための、心身両面からの総合的アプーチとなっている



  これらは、いずれも、業務における部下育成場面のみならず、自身の内面的成長や、視野拡大に対して、秀逸な武器となっており、すべての方に有用なスキル体系だと思います。